2017年4月21日金曜日

「好評につき第 2 弾!」C-RS グレードアップキャンペーンのお知らせ

ゴールデンウイークが目前に迫り、サイクリング計画を立てていらっしゃる方が多いかと思います。春真っ盛りの今は清々しい風を感じられる絶好の季節です。ここで、コルナゴからお得なキャンペーンをお知らせいたします。



実施期間:2017年4月22日(土)〜6月25日(日)

実施内容:


対象商品:C-RS ULTEGRA 350,000 円(税抜)
     C-RS 105 270,000 円(税抜)

C-RS ULTEGRA / C-RS 105 Link → スペック等詳細
最先端のソリューションと最新のデザインは、60年以上培った哲学からくるものと自負する。すべてのケーブルルーティングを内臓化させ、前面投影面積を減らすことによる空力を計算。様々なサイクリストの要求にバランスよく応えるべくアッセンブルされたパーツ類。まさにオールマイティーなコンプリートバイクである。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S
Color:CRIT / CRBB / CRRW

CRIT(ホワイト)

CRBB(マットブラック)

CRRW(レッド)


参考リンク:
*Link → Cyclist「COLNAGO C-RS 105」好バランスな仕上がりで伸び感のあるイタリアンレーサー
*Link → C-RS試乗レポート VC Fukuoka 佐藤氏


詳しくは、最寄りのコルナゴ正規代理店へお問い合わせください。
*Link → コルナゴ認定ディーラーリスト

2017年4月3日月曜日

イベント出展のお知らせ(FC岐阜 春のサイクルイベント)

4月8日(土)に岐阜メモリアルセンター芝生広場で開催される自転車イベント「FC岐阜 春のサイクルイベント」にブース出展しますので、お知らせいたします。


UCIワールドチームの「UAEチームエミレーツ」でも大活躍のC60、エアロとそのデザインの美しさが際立つCONCEPT、そして多くのライダーに高評価のV1-rをはじめ、カーボン完成車一押しのC-RS、アルミ最速のA1-r等計7台並びに、シューズブランドの歴史を変えた大人気の「リンタマンADJUST PRO」の試着会も開催いたします。是非、桜が舞う季節の心地よい試乗会にお越しください。

FC岐阜 春のサイクルイベント 
主 催:株式会社岐阜フットボールクラブ
日 時:2017年4月8日(土)
時 間:11:00〜17:00 *試乗受付は16:30まで
会 場:岐阜メモリアルセンター芝生広場 *Link → アクセス
参加料:無料
*運転免許証など身分を確認できるものをご持参ください
*身長140cm未満のお子様は試乗を行うことができませんので、ご了承ください。
*その他の注意事項はイベント公式サイトを予めご確認ください。
 Link → イベント公式サイト


当日ご用意する試乗車は以下のとおりです。お近くの方はぜひご来場ください。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

C60 Link → スペック等詳細
コルナゴ社創立60周年を記念し誕生したフラッグシップモデル。製造工程のすべてを一貫してイタリア国内で行い、多くの職人の手を介して完成される。コルナゴが歩んできた60年の歴史を刻むモデルに相応しいデザインの要素はラグ(継手)と星形断面のカーボンパイプの融合によるもの。レースに勝つためにつぎ込まれたコルナゴイズムがここにある。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S / 560S / 580S / 600S / 530 / 550 / 570
Color:MHCF / MHRD / MHWH / PLWH / PLG6 / PLAN / PLLB / ST01 / ST02 / MHYL

試乗車Size:480S、試乗車Color:ST01(イタリアンブラック)、試乗車仕様:DURAACE9100


V1-r Link → スペック等詳細
レーシング界のトップに君臨するフェラーリ社とのコラボレーションモデル。徹底的に無駄をそぎ落とし軽量化。フレーム及びシートポストにはカムテイル形状を施し、ダイレクトマウントブレーキはボトムブラケットの後方に配するなど徹底的に空力性能を追求した。極限の走りを求める多くのプロレーサーに高い支持を得ている理由はまさにここにある。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S /560S / 580S
Color:UNGL / UNSL / UNRW / UNLB / UNWS / UNTH / UNWH / UNRD / UNYL

試乗車Size:480S、試乗車Color:UNYL(ブラック/イエロー)、試乗車仕様:CHORUS


CONCEPT Link → スペック等詳細
1987年にフェラーリ社とのコラボレーションによって登場した『CONCEPT(コンセプト)』。カーボン製フレームに内蔵ケーブル、BB内装7段変速、油圧ブレーキ、サスペンションシートポスト。当時では考えられない最先端技術が集約されたモデルであったが量産には至らなかった。
あれから30年の時を経て誕生した現代型「CONCEPT」は最新の空力技術を駆使して設計された。高い制動力を誇るダイレクトマウントブレーキ、専用エアロシートポストなど、さながらタイムトライアルバイクを思わせる外観である。スタンダードな4カラーに加え、アートデコールカラーはC60などコルナゴ伝統のアートを描くパマ・ペイント社に委託。迫力のあるボリュームのダウンチューブに描かれたペイントは圧巻である。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S /560S / 580S
Color:CHBK / CHLB / CHRD / CHWH / CHDB / CHDK

試乗車Size:480S、試乗車Color:CHBK(マットブラック)、試乗車仕様:DURAACE9100

試乗車Sizes:500S、試乗車Color:CHDK(ブラック/ゴールド)、試乗車仕様:DURAACE9100


C-RS 105 Link → スペック等詳細
最先端のソリューションと最新のデザインは、60年以上培った哲学からくるものと自負する。すべてのケーブルルーティングを内臓化させ、前面投影面積を減らすことによる空力を計算。様々なサイクリストの要求にバランスよく応えるべくアッセンブルされたパーツ類。まさにオールマイティーなコンプリートバイクである。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S
Color:CRIT / CRBB / CRRW

試乗車Size:450S、試乗車Color:CRRW(レッド)

試乗車Size:480S、試乗車Color:CRIT(ホワイト)


A1-r 105 Link → スペック等詳細
高いパフォーマンスレベルを目指した新しい形式のアルミモデル。スピード、安定性、軽さ、すべては伝統的なコルナゴレーシングのDNAを継承する。溶接の技術の進化による細部の仕上げは審美的で細身なパイプでありながらも剛性を増すことに成功。軽量なカーボンフォークを採用し快適性能もプラスされている。
Frame size:400S / 430S / 460S / 490S / 520S / 550S /580S
Color:AJBR / AJWB / AJWR

試乗車Size:460S、試乗車Color:AJBR(ブラック/レッド)


LINTAMAN *Link → LINTAMAN
横方向だけでなく縦方向にも調節できる、まったく新しいシステムを搭載しケブラーワイヤーを架け替えることによって、幅広い足⇔狭い足、高い甲⇔低い甲、夏用ソックス⇔冬用ソックス、左右の足の形状や大きさの違い、その他のどんな条件でもすべて1足でアジャストしてしまうLINTAMANのシューズからは、かかとが前後に動くADJUST PRO PLUSをご用意いたします。



*試乗車は事情により変更させていただく場合があります。
*イベントの詳細についてはこちらをご覧下さい。

2017年3月30日木曜日

試乗会のお知らせ(なるしまフレンド 神宮店)

都内でも有数の自転車の街となった青山、神宮外苑の一角に店舗を構える「なるしまフレンド 神宮店」においてコルナゴ試乗会が開催されますので、お知らせいたします。


当日は、コルナゴの最新トップモデルが集結いたします。また、LINTAMANのサイクリングシューズや、なるしまフレンドJプロツアーチームが使用するLASヘルメットの試着会も併せて開催いたします。同店では、サイクリング途中に立ち寄り、休憩や仲間との自転車談義に使っていただける駐輪場も兼ねた中庭をご用意していますので、自転車でのご来店も大歓迎です。是非この機会にご来店ください。

日時:2017年4月15日(土) 12:00〜16:30
場所:なるしまフレンド神宮店 *Link → 店舗情報・アクセス
   東京都渋谷区神宮前3-35-2


当日ご用意する試乗車は以下のとおりです。COLNAGOのハイエンドモデルをぜひご体感ください。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

C60 Link → スペック等詳細
コルナゴ社創立60周年を記念し誕生したフラッグシップモデル。製造工程のすべてを一貫してイタリア国内で行い、多くの職人の手を介して完成される。コルナゴが歩んできた60年の歴史を刻むモデルに相応しいデザインの要素はラグ(継手)と星形断面のカーボンパイプの融合によるもの。レースに勝つためにつぎ込まれたコルナゴイズムがここにある。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S / 560S / 580S / 600S / 530 / 550 / 570
Color:MHCF / MHRD / MHWH / PLWH / PLG6 / PLAN / PLLB / ST01 / ST02 / MHYL

試乗車Size:520S、試乗車Color:ST01(イタリアンブラック)


V1-r Link → スペック等詳細
レーシング界のトップに君臨するフェラーリ社とのコラボレーションモデル。徹底的に無駄をそぎ落とし軽量化。フレーム及びシートポストにはカムテイル形状を施し、ダイレクトマウントブレーキはボトムブラケットの後方に配するなど徹底的に空力性能を追求した。極限の走りを求める多くのプロレーサーに高い支持を得ている理由はまさにここにある。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S /560S / 580S
Color:UNGL / UNSL / UNRW / UNLB / UNWS / UNTH / UNWH / UNRD / UNYL

試乗車Size:480S、試乗車Color:UNYL(ブラック/イエロー)


CONCEPT Link → スペック等詳細
1987年にフェラーリ社とのコラボレーションによって登場した『CONCEPT(コンセプト)』。カーボン製フレームに内蔵ケーブル、BB内装7段変速、油圧ブレーキ、サスペンションシートポスト。当時では考えられない最先端技術が集約されたモデルであったが量産には至らなかった。
あれから30年の時を経て誕生した現代型「CONCEPT」は最新の空力技術を駆使して設計された。高い制動力を誇るダイレクトマウントブレーキ、専用エアロシートポストなど、さながらタイムトライアルバイクを思わせる外観である。スタンダードな4カラーに加え、アートデコールカラーはC60などコルナゴ伝統のアートを描くパマ・ペイント社に委託。迫力のあるボリュームのダウンチューブに描かれたペイントは圧巻である。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S /560S / 580S
Color:CHBK / CHLB / CHRD / CHWH / CHDB / CHDK

試乗車Size:480S、試乗車Color:CHBK(マットブラック)

試乗車Size:500S、試乗車Color:CHLB(ブラック/ブルー)


当日は、なるしまフレンドJプロツアーチームも使用するLASヘルメットや、LINTAMANのサイクリングシューズの試着会も併せて開催いたします。

LAS
圧倒的に優れたフィット感を誇るLASヘルメットは、VICTORYなどをご用意します。
*Link → LAS


写真は、世界中のプロライダーから支持され続けるイタリアンブランドLASのフラッグシップモデルVICTORYの新色ブラック/ピンク。New CAT-EYES EVO 3D Systemを搭載し、ミリ単位の調節で頭の形に完璧にフィットさせる。


LINTAMAN
横方向だけでなく縦方向にも調節できる、まったく新しいシステムを搭載しケブラーワイヤーを架け替えることによって、幅広い足⇔狭い足、高い甲⇔低い甲、夏用ソックス⇔冬用ソックス、左右の足の形状や大きさの違い、その他のどんな条件でもすべて1足でアジャストしてしまうLINTAMANのシューズからは、ADJUST PRO PLUS、ADJUST ROAD PRO、ADJUST ROAD COMPの各サイズ・カラーをご用意いたします。
*Link → LINTAMAN


写真は、かかとが前後に動くADJUST PRO PLUS。もう合わない人はいません。


*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*試乗会の詳細についてはなるしまフレンド 神宮店にお問い合わせください。

2017年3月28日火曜日

雑誌「BICYCLE PLUS」掲載のお知らせ

2017年3月27日発売の「BICYCLE PLUS」Vol.19(枻出版社)においてCOLNAGOの製品が掲載されましたので、お知らせいたします。

愛車に乗って旅に出よう! ツーリングがより楽しく快適になるノウハウ満載の同誌。今号の特集は「ツーリングの達人 旅バッグの中身 見せてください」。自転車旅を楽しんでいる達人のノウハウを徹底分析。持ち物、ウエア、コースプランニング、エマジェンシーグッズなど、豊富な経験から得た、貴重な情報をお届けします。ツーリングがより楽しく、快適になること間違いなしの特集です。

その特集で4人目として、COLNAGOに乗るロードバイク女子が登場しました。紙面に登場しているバイクはCX-ZEROではなくSTRADA SL(旧モデル)の誤りです。


医療系の備品が多いのは職業柄。特集では他にも様々なライダーの装備が登場しています。



STRADA SLの現行の後継モデルはA1-rとなります。

A1-r 105 Link → スペック等詳細
高いパフォーマンスレベルを目指した新しい形式のアルミモデル。スピード、安定性、軽さ、すべては伝統的なコルナゴレーシングのDNAを継承する。溶接の技術の進化による細部の仕上げは審美的で細身なパイプでありながらも剛性を増すことに成功。軽量なカーボンフォークを採用し快適性能もプラスされている。
Frame size:400S / 430S / 460S / 490S / 520S / 550S /580S
Color:AJBR / AJWB / AJWR

AJBR(ブラック/レッド)

AJWB(ホワイト/ブルー)

AJWR(ホワイト/レッド)


*スペック等詳細はこちらをご覧ください。



*誌面の詳細については書店にて「BICYCLE PLUS」Vol.19をお買い求めの上ご覧ください。

2017年3月24日金曜日

雑誌「最新ロードバイク購入完全ガイド 2017ー18」掲載のお知らせ

2017年3月22日発売の雑誌「最新ロードバイク購入完全ガイド 2017ー18」(コスミック出版)においてCOLNAGOの製品が掲載されましたので、お知らせいたします。

エントリーモデルからミドルグレードまで、自転車ジャーナリストの菊地武洋氏、山本健一氏がインプレッションした33台、ブランド別に掲載するカタログで35ブランド150台を収録した同誌において、COLNAGOはアルミフレームのA1-r 105のインプレッションが掲載されました。



誌面に掲載されたモデルはこちら。

A1-r 105 Link → スペック等詳細
高いパフォーマンスレベルを目指した新しい形式のアルミモデル。スピード、安定性、軽さ、すべては伝統的なコルナゴレーシングのDNAを継承する。溶接の技術の進化による細部の仕上げは審美的で細身なパイプでありながらも剛性を増すことに成功。軽量なカーボンフォークを採用し快適性能もプラスされている。
Frame size:400S / 430S / 460S / 490S / 520S / 550S /580S
Color:AJBR / AJWB / AJWR

AJBR(ブラック/レッド) *誌面掲載カラー

AJWB(ホワイト/ブルー)

AJWR(ホワイト/レッド)


*スペック等詳細はこちらをご覧ください。



*誌面の詳細については書店にて「最新ロードバイク購入完全ガイド 2017ー18」をお買い求めの上ご覧ください。

2017年3月22日水曜日

雑誌「Bicycle Navi」掲載のお知らせ

2017年3月20日発売の雑誌「Bicycle Navi」May 2017[Spring] No.85(ボイス・パブリケーション)においてCOLNAGOの製品が掲載されましたので、お知らせいたします。

今号のNAVIでは、自転車にまつわる大小さまざまなギモンをまとめたQ&Aを軸に、本と自転車のステキな関係、海外ポタリングのススメ、自転車ファッション、自転車で川下り!? など、さまざまな企画を掲載。COLNAGOのバイクは表紙においてBiscottiが、モデル/タレントとして活躍中の松井愛莉さんとともに掲載されました。



表紙のバイクはこちら。

Biscotti Link → スペック等詳細
もっと気軽にコルナゴに乗りたい。それはロードバイクである必要はなく、普段の生活に溶け込むスタイルであればよい。様々なウェアにマッチするよう、カラーリングはシックなものとしている。
Frame size:380 / 430 / 490 / 520
Color:PEARL WHITE / SATIN NAVY / BORDEAUX

PEARL WHITE *誌面掲載Color

SATIN NAVY

BORDEAUX


(写真はCOLNAGO Official Siteより)  


*誌面の詳細については書店にて「Bicycle Navi」No.85をお買い求めの上ご覧ください。

2017年3月21日火曜日

C-RS試乗レポート VC Fukuoka 佐藤氏

ロードレースチーム「VC Fukuoka」の監督兼選手である佐藤氏より試乗レポートを頂きました。

 
COLNAGO C-RS レポート
 


 
今回、2/92/16まで1週間、このC-RSと共にトレーニングを行ないました
※今回はシマノDURAACEにパーツを換装した特別仕様です。

 

29日 140
211日 190
212日 190
215日 110
216日 130

 
合計 760

 
買いたくなるかどうかの判断材料は…

 
速く走れるバイクかどうか。

 
これは選手として無視できない条件だと思います。そのため、この1週間はひたすら条件を変えてタイム計測を続けました。

 
10㎞超のロードレース想定コース。
4㎞の平坦コース。
③駆け上がりスプリント、
④ヒルクライムなど。


 
この中で特に10㎞超のアップダウンのあるロードレースを想定したコースにおいて、今年に入ってから自分の調子を見る為何度もタイム計測をしています。登りがあることと、それを10周以上することでの長時間ライドに対する性能のチェックの為です。

 
V1-rに比べ重量が幾分劣るC-RSは不利かと思いきや、タイムの遅れはありませんでした。トータルタイムでC-RSの方が速い日すらあった要因として、路面状況との相性が良かったことが挙げられます。ポジションを完璧に出していないにもかかわらず、後半の疲れが和らいでいる印象は意外でした。

 
このコースは減速帯やアスファルトのひび割れで荒れている箇所が多く、普段何気なく避けてしまいがちな路面の凹凸もストレスが少なく感じました。ハンドルを普段使用しているカーボン製のものにしたら尚振動吸収は良かったと思います。シートポストがトラディショナルな形状(27.2mm径)であるのも功を奏しているかもしれません。

 
私は今まで、速く走れる完璧な1台のみですべてをこなすことを良しとし、トッププロの選手がヨーロッパの石畳のレースでは乗り心地の良いバイクに乗り換えるという発想は理解ができませんでしたが、このC-RSに乗ってそれがようやくわかりました。

 
ちなみに4㎞の平坦コースのタイムトライアルも大きな差は出ませんでした。シフトチェンジやギアを掛けた時のダイレクト感はV1-rの方があるのに…。これは本数をこなさなかったので、もしかしたらもっと厳密に走り込みを行なううちに差が出てくるのかもしれません。

 
選手の脚質との相性にもよることだと思いますがそれぞれバイクには良さがあって、それは価格だけでは判断できない!という事に気づかせてくれる1台でした。


VC Fukuoka LINK